マキタ インパクトドライバで先端スリムビットを使う場合の注意点

2012.03.09 Friday

0
    こんにちは、マキタショップカメカメ亀山です。

    今回はタイトル通り、

    マキタ インパクトドライバで先端スリムビットを使う場合の注意点
    ★ビットの先端が割れてしまった時の対処方法★
    についてです。


    タイトルにはマキタと付けていますが、
    他社製でも同様ですので、念のため。

    ご存知なかった方、是非参考になさってみてください。


    プラスビットには
    先端スリムビットスリムでない普通のビットの2種類ございます。


    ▼左がスリムでないビット・右が先端スリムビット▼
    マキタ ビット

    で、先端スリムはスリムでないビットより先が割れやすいのです。

    先端スリムの場合、
    先が割れてしまうとビットの全長が変わってしまいます。
    ※スリムでないビットは全長は変わらないようです。

    そのため反対側がまだ正常な状態でも
    ビットの全長が変わってしまったことにより、
    スチールボールがビットにうまく噛み合えない
    ため、
    主に締め付けの時にガリガリガリ・・・となってしまい、
    締め付けできなくなってしまいます。

    その場合は、中に割れたビットが入っていることが殆どですので、
    割れたビットを取り出してください。

    取り出すには万力(まんりき)を使用すると便利です。


    ★まとめ★
    先端スリムビットの先が割れたら
    反対側がまだ正常でも使わないようにしてください。