マキタ 生垣バリカンUH4500のシャーブレード(刃)交換について

2011.06.24 Friday

0
    こんにちは、マキタショップカメカメ店長の☆とく☆こと亀山です。

    今回はマキタの450mm生垣バリカンUH4500のシャーブレード交換方法に
    ついてです。

    UH4500はカタログに※在庫僅少品とございますので、生産終了しております。

    マキタ 450mm生垣バリカンUH4500

    UH4500用の刃(シャーブレード)はこちら
    マキタ UH4500用シャーブレード

    上の一覧表をご覧いただけますとお分かりになりますとおり、
    殆どの商品が※印のある生産終了品になっておりますが、
    UH4500用とUH6300用はまだ取り扱いございます。

    しかしながら、現在主流になっている機械と比較しまして、
    機械の仕組みが異なり、刃の交換が少々難しいのです。


    現在主流機械の刃の交換がネジを外してとめるだけなのに対し、
    UH4500は機械を分解しないといけないのです

    具体的にはモーターケースを分解して
    中のクランクに組み込まないといけません。

    不慣れな方はまず出来ないとのことで、
    メーカーに交換依頼された方が無難かと思われます。
    ※別途工賃がかかると思いますので必ずご確認ください。

    工賃はおそろしく高額ということはないかと思いますので、
    ご安心ください。

    機械がまだ正常でしたら
    交換していただき続けてお使いいただけたらと思います。

    下記の現在主流となっている450mm特殊コーティング刃 A-49840とは
    互換性はございませんので、UH4500をお使いの方はご注意ください。


    ご参考までに、
    現在生垣バリカンは型番がMUHはじまりの機械が主流になっております。

    マキタ 460mmMUH463

    こちらが2011年発売の新製品
    従来品との大きな違いは防振構造になっている点です。

    マキタ MUH406
    マキタ MUH405

    450mm幅でしたらこちらになります。
    マキタ MUH450


    刃の種類は高級刃と特殊コーティング刃の2種類ございます。

    マキタ 生垣バリカン・ヘッジトリマー用替刃

    ()で囲まれている機械は廃番商品で
    ※印の型番の替刃は※がない部品番号の替刃に統合されております。

    ※がない部品番号の替刃の台紙には
    ()内の機械の型番は適用モデルとして掲載されておりませんが、
    互換性ございますのでご安心ください。


    マキタ 生垣バリカン用シャーブレード(替刃)

    刃の交換方法はこちらです。

    マキタ 生垣バリカン・ヘッジトリマー用刃の交換方法
    マキタ 生垣バリカン・ヘッジトリマー用刃の交換方法
    コメント
    コメントする