マキタ 14.4VインパクトドライバTD136の故障について

2012.12.25 Tuesday

0
    こんにちは、マキタショップカメカメ亀山です。

    今回は最新型14.4VブラシレスインパクトドライバTD136D
    故障についてです。

    TD136Dをご使用中のお客様より
    スイッチを入れたら一瞬は動くけれどもすぐ止まってしまう場合、
    どこが故障しているのか、というお問い合わせがございました。

    インパクトドライバはスイッチが一番触る場所ですので、
    故障する時もスイッチ不良が多いのですが、
    「一瞬でも動く」場合は、スイッチ不良の可能性よりは
    磁石が欠けているか、剥がれている可能性のほうが高い
    です。

    特に機械を落としたり衝撃を与えたという場合は
    上記の可能性を疑ってみたほうがよろしいかと思います。

    もちろんスイッチ接触不良の可能性もございますので、
    ご注意ください。

    なおスイッチ不良は「回転不良」の場合にもっとも多い故障です。
    回転不良とは、不規則な回転(早くなったり遅くなったり)のことです。

    一番確実な方法は
    言うまでもありませんがメーカーにみてもらうことです。
    修理見積を出してもらってステーターユニット交換になった場合は
    本体のみ新品をご購入いただいた方がよろしいかと思います。

    以上、ご参考になさってみてください。

    コメント
    コメントする