マキタ 14.4V・18V 4モードインパクトドライバTP131/TP141 2011.9月新製品

2011.09.07 Wednesday

0
    こんにちは、マキタショップカメカメ店長の亀山です。

    今回は2011.9月の新製品
    マキタ 4モードインパクトドライバTP131D(14.4V)TP141D(18V)
    のご紹介です。

    4モードインパクトドライバとは、
    作業にあわせてインパクト・震動ドリル・ドリル・ネジ締めの4つのモードに切換えのできる
    マキタ独自のインパクトドライバ
    です。


    ※なお当商品発売に伴い、従来機種TP130(14.4V)TP140(18V)は廃番となります。
    TP140は発売から1年ほどしか経っておりませんのでずいぶん早い印象ですが、
    18Vの発売が遅かったという見方も。。。
    そのためTP130TP140は在庫限りで販売終了となり,既に販売終了いたしました。

    昨日9/6にTP131Dの現物を見ましたが、
    一目みてかっこいい!というのがまず最初の感想でした。

    展示会に行かれる方は是非触ってみてください。

    TP131は現在通常入荷しています。

    ↓TP131(14.4V)DZ(青本体/バッテリ装着時)↓
    マキタ 4モードインパクトドライバ TP131DZ

    9/22 18VのTP141 2012.3.16 再入荷いたしました。

    マキタ 18V 4モードインパクトドライバTP141DZ(本体のみ)


    マキタ 4モードインパクトドライバ TP131D,TP141D
    ▲左奥が18V TP141D/右手前が14.4V TP131D

    インパクトの右上のBLロゴでお分かりいただけますが、
    今回はブラシレスとなっております。

    色はTP131(14.4V)が青と黒の2色展開、
    TP141(18V)が青1色のみです


    18V機は従来機TP140と同じ青1色のみですが、
    14.4V機は従来の(TP130)の白色に変わって黒色が登場です。
    白色はございません。


    フックは従来の幅広タイプから
    TD133以降のインパクトドライバ標準付属している
    細長フックになっています。

    ここで参考までにTP140画像
    マキタ TP140

    ★★従来機TP130(14.4V)/TP140(18V)との大きな違い=新機能4点★★

    1、ブラシレスモータと電子クラッチ採用

    2、ネジ締めモードにテクス用ネジ専用モード追加
    ※クラッチに9段階のほか、テクス用ネジの締付けに最適な設定の「プラスモード」を新搭載

    Pでデジタル表示される時がテクス用ネジ専用モードです。
    デジタル表示部付近に貼付してあるステッカーにも記載されております。

    ↓右下のデジタル表示9がPになります↓
    マキタ 4モードインパクトドライバ TP131D,TP141D

    ↓現物画像↓
    マキタ 4モードインパクトドライバ TP131D,TP141D

    3、トルク低下お知らせ機能追加
    電池残量の低下により、設定トルクから約20%のトルク差が生じた場合は
    LEDライトの点滅でお知らせします。
    ※ネジ締めモード時のみ。

    4、オートストップ機能
    クラッチの作動と同時にモータがストップ→ネジの締付け過ぎを防止。
    ※ネジのツラまで締めたら自動的に止まりますということです。

    細かいところでは、

    ★全長★
    TP130:186mm長
    TP131:171mm長(−15mm)
    TP140/TP141も同様。

    ★質量★
    TP130:1.7kg
    TP131:1.6kg(−0.1kg)
    TP140/TP141も同様。

    ★最大締め付けトルク★
    TP130 : 135N・m
    TP131:145N・m(+10N・m)

    TP140:140N・m
    TP141:150N・m(+10N・m)

    マキタ 4モードインパクトドライバ TP131D,TP141D

    ★1充電あたりの作業量比較★

    TP130/TP140
    マキタ 4モードインパクトドライバ TP130D,TP140D

    TP131/TP141
    マキタ 4モードインパクトドライバ TP131D,TP141D

    次にカタログです。

    マキタ 4モードインパクトドライバ TP131D,TP141D

    マキタ 4モードインパクトドライバ TP131D,TP141D

    マキタ 4モードインパクトドライバ TP131D,TP141D

    最後にでてきましたお値段ですが、
    TP130/TP140の従来機と比較しまして、
    フルセット(バッテリBL1430×2/充電器/ケース付)が
    定価ベースで1100円(税抜き)アップしています。

    しかしながら標準付属品に
    従来フルセットには付属しておりました
    充電用超硬ドリル(3本入)と
    木下穴・鉄用六角軸ドリル(3.0/3.5/4.0の各1計3本入)は
    今回のTP131DRFX,TP141DRFXには付属しておりませんので、

    ドリルの値段を考慮しますと、
    充電用超硬ドリル(3本入)が定価3500円(税抜き)
    木下穴・鉄用六角軸ドリル(3.0/3.5/4.0の各1計3本入)が定価2900円(税抜き)で
    合計6400円になりますので、
    一概に値段が上がったとはいえないのかな、とも思います。


    お気づきになられた方もおられるかもですが、
    今回は本体のみの販売がございます。

    本機は従来機より小さくなっておりますので、
    今までお使いのケースへの収納も可能です。

    マキタ 4モードインパクトドライバTP130D in TP131用ケース
    ▲TP130用ケースにTP131Dを入れた状態▲

    従来お使いいただいておりました
    バッテリBL1430(14.4V)orBL1830(18V),充電器DC18RAはもちろんご使用可能です。

    従来機は本体ケース付販売で
    型番はTP130DZK(Kはケース)だったのですが、
    今回は本体のみTP131DZとなっております。

    それがゆえ一概に単価を比較できないのですが、
    従来分からケース分単価(3700円)を差し引いて比較しますと
    2300円アップとなっております。


    さてさて、もうひとつ大事な点

    4モードといえば、
    使用しているうちに切替がうまくいかなくなった、、、等の症状に
    悩まされたご経験をお持ちの方もおられるかと思うのですが、

    ユーザーさんの使い方のクセによるところもあるのですが、

    その発生原因のひとつと思われる
    インパクトにある切替部分の仕様が今回変わっているので、
    従来よりも悩みが少なくなるのでは、と予想されます。



    ★従来機(TP140)★
    マキタ 4

    ★新機種(TP131)★
    マキタ 4モードインパクトドライバ TP131D,TP141D

    ↓TP131現物画像↓
    マキタ 4モードインパクトドライバ TP131D,TP141D


    実際のところはもちろんまだ分かりませんが。。。
    何か情報が入り次第、掲載できる範囲内で掲載いたします。


    ★2012.6.16追記★

    発売されて約9ヶ月経過しました。
    途中18VのTP141は数ヶ月間入荷がストップしていた時期がありましたので、
    実質半年程度といった感じでしょうか。

    現在のところTP141の回転モードで、
    ユーザーさんがまわしすぎてしまうようで、
    負荷をかけすぎて煙が出てしまったというケースを
    ちょくちょくと耳にします。

    煙が出るということは負荷のかけすぎですので、
    すぐにご利用をやめて機械を休めてください。
    くれぐれもまわしすぎないようにご注意ください。



    ここからTP130とTP131比較画像コーナーです。

    マキタ 4モードインパクトドライバ TP130D,TP131D
    ▲左がTP130/右がTP131▲

    マキタ 4モードインパクトドライバ TP130D,TP131D
    ▲左がTP130/右がTP131▲

    マキタ 4モードインパクトドライバ TP130D,TP131D
    ▲左がTP130/右がTP131▲


    ★おまけ1★

    +1-65mmと+1-110mmの先端スリムビットが同時発売です!
    マキタ 先端スリムビット A-52881 2011.9月新製品

    +3-65mmと+3-110mmのビットと先端スリムの+0-85mmも同時発売!
    マキタ トーションタフビット+3-65・110 A-52906,A-52912

    ★おまけ2★

    カタログには掲載されておりませんでしたが、
    フルセットのケースは従来機(TP130/TP140)と同じ青色です。
    フタは透明ではなくなっていて、ケースと同じ青色です。
    フタの厚みが厚くなっています。
    仕様はインパクトドライバTD134/TD146用ケースと同じです。

    マキタ 4モードインパクトドライバ TP131D,TP141D

    マキタ 4モードインパクトドライバ用ケース TP131,TP130
    ▲左がTP131DRFX標準付属/右がTP130DRFX標準付属▲

    マキタ 4モードインパクトドライバ用ケース TP130D,TP131D
    ▲左がTP131DRFX標準付属/右がTP130DRFX標準付属▲
    ※上記TP131Dは入っていません。この下にTP131Dケース入りの画像ございますので、そちらをご参照ください。

    付属充電器はDC18RCで、TD133/TD145以前の標準付属充電器DC18RAはTP131/TP141用ケースには収納できません。

    マキタ 4モードインパクトドライバTP131DRFX
    ▲TP131DRFX▲

    充電器DC18RCとTP131/TP141用ケースセットも販売しておりますので、
    充電器が故障/紛失してしまってケースも新しくしたいという方や
    充電器もう1台欲しいという方は是非ご検討ください。

    マキタ TP131/TP141用ケースと充電器DC18RC


    ケース単品販売ももちろんございます。
    TD134,TD146を既にお使いで充電器DC18RCをお持ちの方はお使いいただけます。